私らしさを探す女子就活サイト
Presented by あさがくナビ
私らしさを探す
女子就活サイト

Column今月の就活お役立ちコラム

2019.03
企業説明会

 いよいよ3月になりました。就活モードにしっかりと入っているでしょうか。焦りもあるかもしれませんが、着実に一歩一歩進めていきましょう。前向きに取り組むことが何より大切です!

 さて、3月・4月は最も説明会イベントが多く開かれる時期。たくさんの企業による合同説明会や個々の企業説明会、選考直結型の説明会などさまざまです。それぞれの活用法をお伝えします。

合同説明会では「人間観察」!

 社会人も学生も、とにかくたくさんの人に出会えるのが合同説明会です。人間観察をすることで得られるものがいっぱいあります。

【社会人】

●身だしなみ

 普段働いている様子がわかるでしょう。特に女性は、服装が多様化しているので、社内の雰囲気を垣間見ることができます。スーツで統一しているところもあれば、オフィスカジュアル、制服など、説明会であっても「働くイメージ」を持つことができるポイントです。

●社員同士の雰囲気

 熱気むんむんなところもあれば、スマートに見えるところも。社員同士の掛け合い、協力体制などを見ていると、一部ではありますが社内の雰囲気を感じることができるでしょう。社員同士の会話で笑顔が多いなど、明るい雰囲気を感じられると安心できますよね。

【学生】

●身だしなみ

 スーツの着こなしや髪の整え方など、客観的に見るチャンスです。説明会の場で大多数が選んでいる着こなしや髪形は、集団面接でも反映されることになります。皆が同じ髪形だとどうでしょうか、そんな視点で周囲を見てみてください。

●ハキハキ話す姿

 質疑応答の時間などに、発言する様子が見られるでしょう。「明るくハキハキ元気よく」はどのようなものか、反対にNGは……?というように、これもまた客観的に見られるでしょう。

 また、合同説明会では効率よくたくさんの業界・企業について知ることができます。今は興味がなくても後から興味が出てくるかもしれませんし、比較をすることで志望動機を深めることもできます。ぜひ合同説明会の機会に情報収集をして、自己分析につなげましょう。
→自己分析についてはこちら

個別説明会は「社内見学」!

 企業ごとの説明会は社外の会場ということもありますが、本社など会社の中で行われる際は社内見学のチャンスです。オフィスビルに入ることはなかなかできませんし、社内の雰囲気を直に感じられるよい機会でしょう。

 実は私自身、行ってみて「なんか違うな…」と感じたことがありました。そこでは、廊下で社員がすれ違うたびに大声で「お疲れさまです!」と挨拶をしていました。確かに挨拶をすることはとても大切です。しかし、立ち止まって大声で挨拶し、すごい勢いでお辞儀をするという不自然さに、「主体的に挨拶できないのかな? 型にはめる社員教育なのかな?」と感じてしまったのです。挨拶は自然にするものであるという私の価値観と合わないと思い、その会社は受けないという判断をしました。

 こんな風に、その会社の中に入ってみて初めてわかることは多いです。合同説明会ではなかなか見えにくい部分ですね。とはいえ個別説明会に行き過ぎると時間も交通費もかかるので、優先順位をつけて予約するようにしましょう。もし学内説明会で来てくれる企業なら、合同説明会より距離が近いので、個別まで行かなくてもまずはそこで話を聞くのもありですね。段階を踏んでみてください。

選考直結型説明会でチャレンジ!

 最後に、選考直結型の説明会です。これは字のごとく、「説明会のあとに選考を行います」というもの。グループワークがあったり、集団面接だったりさまざまです。

 選考を気軽に受けられるチャンスなので、チャレンジしてほしいと思います。気軽にというのも変な感じがするかもしれませんが、より多くの学生と出会いたいという意図で企業側も企画している会なので、まずは受けてみようかなというくらいの動機でもよいでしょう。グループワークや面接の体験にもなるので、早めに参加してみることをおすすめします。

 本格的な就活の開始、目まぐるしい毎日かと思いますが体調管理に気をつけて、力を出し切れるようにがんばってくださいね! 応援しています。

Writer Profile
本多夏帆(ほんだ・なつほ)

東京都三鷹市生まれ。大学卒業後、住宅系ベンチャーを経て、2014年から行政書士として独立。企業法務サービスを展開するとともに、大手予備校で講師として、受験指導やキャリア教育に取り組んだ経験を生かし、学生向けの就職支援サービス「Lifeをつくる-Breath就活塾」を設立。これに伴い採用側の支援も行う。日々、就活生と人事・経営者の生の声を聞き、現代の採用市場に詳しい。ワンコインで行う相談や書類添削、面接特訓などが人気。学生時代は合唱に打ち込み、いまも趣味は歌うこと。野球の応援は大きな声で。